華やかに、安らかに、楽しみが無限に広がるロケーションLOCATION

武蔵中原は、武蔵小杉エリアと多摩川エリアを3km圏内とするロケーション。

武蔵小杉エリアでは、つぎつぎと新しいショッピング施設が誕生する圧倒的な商業力を、
多摩川エリアでは、豊かな緑と雄大なオープンスペースが心と体を満たしてくれる自然力を享受。

華やぎと安らぎが調和した、休日の過ごし方が無限に広がる自転車ライフを楽しめます。

武蔵小杉エリア
多摩川エリア

LIFE INFORMATION

KAWASAKI POWER

若さと活力にあふれる川崎の都市力が、未来まで揺るぎない居住価値を発揮します。

昭和47年4月に全国で8番目(札幌市・福岡市と同時)の政令指定都市となった川崎市は、全国で最も平均年齢が低い都市(平成27年10月時点)であり、かつ、人口の自然増加数が全国で最も多い(平成30年時点)都市でもあります。また、消費者物価地域差指数(総合)は全国第1位で、経済水準も高く、若さと活力あふれる都市として未来まで揺るぎない居住価値を発揮します。

着実に人口増加を続ける川崎市、中原区は市域で最も人口が多い区。
政令指定都市である川崎市は7区からなり、中原区は市域のほぼ中央に位置しています。平成10年頃までは川崎駅のある川崎区に次ぐ2番目に人口の多い区でしたが、平成16年頃から急速に人口が増加し、以降、市域ナンバーワンの人口を誇っています。平成29年に150万人を突破した川崎市の人口増加を支える区として、川崎市の居住価値をリードしています。

充実の支援策、サポートサービスで、
子育ても安心の川崎市中原区。
子育て世代をサポート

川崎市では、国の支援事業の他に、市独自のサービスを提供し、子育てを総合的にサポートしています。また、「川崎市子ども・子育て会議」を設置し、市の支援事業計画等へ子育て当事者の意見を反映させるなど、各家庭の事情を踏まえた施策を推進しています。※川崎市ホームページ(令和3年8月現在)より
  • 乳幼児健康診査
    5歳児まで各健診を無料で実施
    3~4ヶ月児健診、7ヶ月児健診、1歳6ヶ月児健診、3歳児健診、5歳児健診の各健診を川崎市が無料で実施がします。
  • 幼児教育・保育の無償化
    3~5歳児の幼稚園・保育所等が無料
    幼稚園、保育所、認定こども園等を利用する3~5歳児クラスの利用料を無償化。市民税非課税世帯は0~2歳児クラスの利用料も無償化されます。
  • なかはら子ネット通信
    タイムリーな子育て情報紙を無料配付
    子育て情報のトピックスや親子で楽しめるイベント情報などを掲載した「このゆびと?まれ!(通称「子ネット通信」)」を2ヶ月毎に発行しています。
  • 新かわさき子育てアプリ
    妊娠・出産・子育てまでトータルサポート
    予防接種のスケジュール管理や、子どもの健診時期や手続き情報をプッシュ通知など、充実機能のアプリが子育てをトータルサポートします。
※掲載の距離は現地から各施設までの地図上の計測によるもので、徒歩分数は1分=80mで換算したものです。
Copyright © ブリシアヒルズ武蔵中原 All Right Reserved.

コロナウィルス感染症への対応についてはこちらをご覧ください。

×